自給農 註))やる気の無い生存最低限度の堕落的農作のこと、ならびに安全保障という労力の必要な


生きる、ために堕落した生活者として極めて採集に近い形態を以て農と称する営みの極めて不真面目な記録
by taichit4

カテゴリ:未分類( 76 )

イージスアショア

護衛艦の負担軽減、精度の向上、費用ということを考えればなるほど納得のいく選択です。これくらいで迎撃システムは良しとしましょうよ。運用が航空自衛隊なのか、陸上自衛隊なのか分かりませんが。

実はその先の反撃能力保有を見据えた判断だと思います。海上自衛隊の護衛艦、潜水艦には反撃するための巡航ミサイル搭載の計画があります。だから、ミサイル防衛に関しては陸上の分担が必要になるわけです。

米朝関係が膠着している間に、我国としては我国固有の防衛力を構築していかねばなりません。「戦争にはなりそうもない」と安心している場合ではありません。アメリカだっていつ裏切るか分からないんですから、我国固有の防衛力整備が必要です。





[PR]
by taichit4 | 2017-05-14 00:29 | 未分類

敵基地攻撃能力

http://jp.reuters.com/article/ldp-proposals-defence-idJPKBN16T0XZ

それしかない。弾道ミサイルの迎撃には無理がある。現状、日本を射程に収める北朝鮮の弾道ミサイル200〜300に対し、射程500キロのSM-3プロック1Aが4隻のイージス艦に8本ずつつまり32。

理論的に、全弾命中したとしても100発以上の弾道ミサイルには対抗手段がないということになる。PAC3による迎撃は半径20キロ程度の狭いエリアに限られるので、日本の大部分の地域が無防備ということだ。

技術的に、敵基地攻撃は難しいという実態はある。移動式の発射台を全て破壊することは不可能だろう。が、攻撃という選択肢が我国の防衛力に備わることはぜひとも必要だ。

敵国の攻撃力を完全に無力化することができなくても、敵国の攻撃準備や行動にある程度制限を加えることはできる。それだけ、我国の対応つまり迎撃のチャンスは拡大することになる。
[PR]
by taichit4 | 2017-03-25 23:01 | 未分類

北朝鮮ミサイル

http://www.cnn.co.jp/world/35097630.html


米軍が7時34分に感知したと言っているので、その情報は自衛隊にももたらされたはず。その時点で着弾点も予測できるので、総理が迎撃を決断しなかったということになる。

排他的経済水域なら着弾してもいいのか

日本の領土領海に到達することが分っていれば迎撃するはずなのだが、

排他的経済水域なら着弾してもいいのか、という疑問が消えない。国民の安全が脅かされる事態なのだから

ミサイルディフェンスシステムも万能ではない、敵基地攻撃能力の保持も含めた防衛力の強化が必要だ。
[PR]
by taichit4 | 2017-03-06 18:34 | 未分類

オスプレイ事故率

べつに擁護するわけではないがオスプレイの事故率は突出して高いわけではなく、特別低いわけでもない。最新の統計(2015年9月)によると
2.64
前年の統計1.94に比べると上昇しているが、海兵隊全機種の平均
2.45
に比べると、特別高いとは言えない。
ちなみに民間航空の事故率は以下だ。
フィリピン航空:事故率 2.47
コリアンエアー:事故率 2.58
チャイナエアライン :事故率 7.16
オスプレイに乗るよりも中華航空に乗るほうが危険ということになる。

統計を見ればこういった事実は明らかだ。印象でオスプレイを特別危険と決めつけるようなお話はデマの類いだ。客観的事実に基づかない論評は世論をミスリードし、結果として国を弱体化させる。

ちなみに、私は陸上自衛隊のオスプレイ導入(あるいはその機数)については懐疑的である。なぜなら、値段が高いからである。既存機の機数を拡充したほうがいいのではないのか。もしくはちょっと視点が違うが陸自の予算という枠の中で考えれば、実験で驚異的標的破壊率を記録した新型地対空誘導弾03式中sam改の配備に資金を割り当てたほうがいいのではないか。輸送力の増強よりも、中国の巡航ミサイルに対する防御力の拡充のほうが喫緊の課題じゃないか。
[PR]
by taichit4 | 2017-02-20 00:59 | 未分類

里芋考

独断と偏見により、里芋以上にうまい芋はこの世に存在しない。蒸かして、丹念にここは後の楽しみのために我慢強く皮を剥き、大きいのを一口に頬張る。大地の味、香り、沈潜する日本の大地の鼓動が胸を打ち、どこか遠い南方の穏やかな子守唄が聞こえない声になる。
大根の葉っぱや豚肉と一緒に煮ても美味である。大根の苦み、豚肉の甘みを包含しつつ、どこにもない里芋の味が底流を去らない。
e0188644_224370.jpg
e0188644_2234833.jpg

[PR]
by taichit4 | 2017-01-29 02:24 | 未分類

戦争

戦争をしないことと、戦争の実力を保持しないこととは違う。十分に戦争の実力を備えた国同士が戦争になることは少ない。なぜならお互いに無傷ではいられないからだ。
しかし武力の均衡が破れた時、優位にある国の、相手国に対して武力を行使することに対するハードルは下がる。なぜなら戦争をしても傷は浅く、その割に得られる利益は大きくなるからだ。
非武装が平和への道筋と考える人は、結果的に戦争への道を進んでいる。武器というだけで感情的に嫌悪し、武装を放棄することが平和への道だと力説している人は、決して平和への道を先導することはできない。
ちなみに、国民皆兵のスイスは、200年以上戦争をしていない。武装が必ずしも戦争への道ではないということの一つの例だろう。
[PR]
by taichit4 | 2017-01-18 22:20 | 未分類

オスプレイの欠陥は何もオスプレイに限ったことでは

今回の事故は機体構造の欠陥に因るのではないかという説があるが、ある意味当たっている。しかしそれは全ての回転翼機に言えることであり、欠陥というよりは不利と言ったほうがいい。回転翼機の空中給油は、戦闘機よりも難しい。何しろ回転する翼が給油のためのホースを切断してしまう恐れがあるのだから。下の写真を見てほしい

オスプレイじゃなくても危ないでしょ。オスプレイを飛行停止にするなら、全ての回転翼機を飛行停止にしなければならない。オスプレイはそもそも航続距離が長いので、既存の回転翼機よりも必要な空中給油の回数は少ない。

e0188644_114510.jpg

[PR]
by taichit4 | 2016-12-20 01:02 | 未分類

トランプ歓迎!

米軍の駐留経費の負担増を求めるトランプ大統領の当選を歓迎する。017.gif

日本はすでに米軍駐留経費の74.5%を負担している。だいたい4分の3だ。それで納得できないなら、駐留米軍の4分の1を撤退してもらおう。

具体的には海兵隊が最も先に候補に挙がるだろう。そうすれば沖縄の基地問題が解決に向かう。海兵隊がいなくても、日本の抑止力はたいして低下しないだろう。

それよりも基地問題解決にかける労力を他のことに振り分けたほうがいい。そのほうが結果的に国の利益につながるのではないか。

もっと言えば、駐留経費を削減して、その分撤退してもらってもかまわないと思う。削減して浮いた予算を、自衛隊の能力の拡充に当てればいいのではないか。今までできなかったことを、米軍の駐留経費削減によって実現しようではないか。
[PR]
by taichit4 | 2016-11-13 13:12 | 未分類

PKO追加任務について

http://www.news24.jp/articles/2016/10/29/04345049.html

微妙。

同じ目的で活動している他組織の救援だから、理論的には集団的自衛権と同じで、正当防衛の範囲内だ。

が、実際のところ、戦闘の機会が増えるわけで、
①自衛隊には戦傷医療の装備、訓練が不足している。死んでしまう?
②誤射したときの法的扱いに不安がある。罰せられる?
③拘束されたときの扱われかたに大いに不安がある。殺される?

という点が大いに問題だ。

野党はくだらないことばっかり言っていないで、具体的な問題を追及して、自衛隊員の身を守ってほしい。
[PR]
by taichit4 | 2016-10-30 14:17 | 未分類

探知

北朝鮮が弾道ミサイル発射 失敗と米軍 「ムスダン」か 米軍「責任取らせる」

大事なのは探知に成功したことですね。前回日本の排他的経済水域に着弾したミサイルは探知できなかった。今回同じ北朝鮮北西部から発射されたミサイルを探知したので、この間、米軍は修正して探知を成功させたことになります。
米軍の情報は自衛隊にも共有されますから、米軍との協力は大切です。発射を探知できなければ自衛隊も迎撃できませんから、どうしても米軍と協力する必要があります。米軍は京都の経ヶ岬通信所のXバンドレーダーや衛星を駆使したものと思われます。
[PR]
by taichit4 | 2016-10-16 10:29 | 未分類


最新の記事
憲法改正私案
at 2017-10-09 19:22
イージスアショア
at 2017-05-14 00:29
XASM-3 初めて知った
at 2017-04-17 20:46
敵基地攻撃能力
at 2017-03-25 23:01
きな粉
at 2017-03-20 21:59
以前の記事
最新のトラックバック
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧