自給農 註))やる気の無い生存最低限度の堕落的農作のこと、ならびに安全保障という労力の必要な


生きる、ために堕落した生活者として極めて採集に近い形態を以て農と称する営みの極めて不真面目な記録
by taichit4

<   2013年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

遅いよ

俺の作業は機を逸している。
だからどうした。

教科書通りの手順を踏めなかったらどうなる。
誰も知らないじゃないか。

実がなろうとなるまいと、植物の適性を見極めることが大事だ。
無限のデータを蓄積することだ。

そもそも、植物の生存本能を侮ってはいけない。
子孫を残すために、なんとかしようとする。

そういう植物の声に耳を澄ますことが、農作の基本ではないのか。

プロに失敗は許されないので、逸脱した農を実践できる家庭菜園にもそれなりのメリットはある。
[PR]
by taichit4 | 2013-08-25 01:23 | 未分類 | Comments(2)

定植

5月にまいた種がそれなりに育って、すでに3ヶ月が経過。老化苗もはなはだしい。
今日、畑に定植した。茄子24,ピーマン24、ゴーヤ12
遅い。たしかに遅い。それぞれ一番花をすぎたあたりで、枯れずにいただけでも御の字という気もする。とりあえず生きてさえいれば、いつか畑に漕ぎい出ることもあるだろうと,水やりだけは怠らなかったのである。枯らした去年からは進歩だ。葱は死んだ。

早く起きればいいのにそうもいかない。結局、人間にとってもっとも不都合な時間帯の仕事になった。仕事っていったって、畑の土はカラカラ、植えられるルートを選んで植えるところだけスコップ一杯分だけ耕す。からからだな。根水を先に入れないと絶対死ぬ。苗をどぶ浸けにして植えてから散水し、保湿のために枯れた刈草を寄せる。

刈草を積んだところにはおそらく納豆菌のような白い菌が多く集まっていて、風に吹かれれば白い煙のようだ。この白い菌こそこの畑の神様だ。乾燥した向日葵にもよく付着している。白い菌の付いた枯れ草を株元に敷いて、あとは生きる力に託す。


結果は分からない。

褐色に滅びつつも今だそびえる向日葵、自生したミニトマトの極彩色、風が吹き、祖父の気配を感じたので、泣きそうになった。
068.gif
[PR]
by taichit4 | 2013-08-22 00:28 | 記録的意味合い | Comments(4)


最新の記事
XASM-3 初めて知った
at 2017-04-17 20:46
敵基地攻撃能力
at 2017-03-25 23:01
きな粉
at 2017-03-20 21:59
北朝鮮ミサイル
at 2017-03-06 18:34
オスプレイ事故率
at 2017-02-20 00:59
以前の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧