「ほっ」と。キャンペーン

自給農 註))やる気の無い生存最低限度の堕落的農作のこと、ならびに安全保障という労力の必要な


生きる、ために堕落した生活者として極めて採集に近い形態を以て農と称する営みの極めて不真面目な記録
by taichit4

<   2014年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧

TPPなんかやめろ

平成25年3月15日 に内閣官房から出された
「関税撤廃した場合の経済効果についての政府統一試算」
というものの一部が以下だ。

(1)日本経済全体:GDP
輸出+0.55%(+2.6兆円)、輸入▲0.60%(▲2.9兆円)
消費+0.61%(+3.0兆円)、投資+0.09%(+0.5兆円)
    結果 0.66%増加、3.2兆円増加
(2)農林水産物生産額 3.0兆円減少

というものである。

なんなんだこれは。

国民の豊かさの全てを表しているとはいえないGDPという指標を0.66%、金額にして3.2兆円上積みするために、農林水産生産額3.0兆円の損失を覚悟するというものである。

もう一度叫ぶ

なんなんだこれは。

経団連だかなんだか知らないが、一部の輸出企業の儲けのために農林水産業を犠牲にしようというのか。

亡国以外のなにものでもない。

ただでさえ疲弊している農業、林業、水産業にさらに負荷をかけるなんて正気の沙汰ではない。

農業だって輸出できるって?

そうかもしれない。

しかし輸出に特化した農業は、一国の生存という観点からは全く意味がない。

高級なサクランボで腹がいっぱいになるわけではないのだから。

米、麦、大豆などの生存作物は採算を度外視してでも守るべきだろう。農業は自然が相手だからいつでも収穫できるわけではない。だから価格保証も必要だろう。激安農産物に市場が席巻されて、高級輸出用農産物だけの国内農業になったらたいへんだ。

農林水産業は経済的価値だけでは計れない多面的な機能がある。地域コミュニティ、環境保全、伝統文化。

そういった視点を欠くTPPなんて多国間条約は結ぶべきではない。
[PR]
by taichit4 | 2014-12-08 23:39 | 未分類 | Comments(0)


最新の記事
オスプレイ事故率
at 2017-02-20 00:59
里芋考
at 2017-01-29 02:24
戦争
at 2017-01-18 22:20
お米
at 2016-12-30 02:30
津久井在来
at 2016-12-24 14:15
以前の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
お気に入りブログ
ライフログ
検索
タグ
人気ジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧