自給農 註))やる気の無い生存最低限度の堕落的農作のこと、ならびに安全保障という労力の必要な


生きる、ために堕落した生活者として極めて採集に近い形態を以て農と称する営みの極めて不真面目な記録
by taichit4

<   2015年 07月 ( 1 )   > この月の画像一覧

KY党の悪口

ああ
めんどくさいが、これは一本入れておこう。
j党が、いろいろと問題のある法案を一緒くたに提案したことはまことにもって遺憾であるし、失態だ。こんなの理解を得て通過するはずがない。失点を計算していたにしろ、乱暴すぎる。それにしても野党の反論もお粗末だ。特にky党の方々には失望する。

KY党の党首が質問していたが、ピントがずれている。ky党の主張はこうだ。

「後方支援と言っても、戦場に線引きはできないから、自衛隊員に安全の保障はできない」

たしかにそうですね。ごもっとも。私もそう思いますし、世界的にも常識ですね。論点はそこからだろ。

自衛隊員はどんなに危険な任務であっても、命令であれば必ず実行して下さるでしょう。しかし、国民にどれだけの覚悟があるのか。
例えばISと戦う米軍の後方支援をするということは、ISと戦うことと等しい。アフガニスタンで多国籍軍に給油したとき、すでに我々はタリバンと戦ったのです。イラクで治安部隊を輸送したとき、すでに我々はフセインの残党(バース党、スンニ派武装勢力)と戦ったのです。少なくとも、相手はそう思っています。日本だけの常識は、世界の非常識です。というか、現代の非常識です。補給、輸送部隊が戦闘と関わりないなんて、先の大戦から辛くも生存せられた方々が聞けば呆れるでしょう。

今後、我々がアメリカと対峙する敵と戦う覚悟があるのか。そこが問題でしょう。

俺にはない。まっぴらごめんだ。

ISの台頭はアメリカのイラク攻撃に端を発している。また、9.11の原因もアメリカにある。いちいち解説しないが、アメリカは利己的、独善的な酷い国だ。つきあい方は考えないといけない。
[PR]
by taichit4 | 2015-07-21 20:33 | 意見


最新の記事
憲法改正私案
at 2017-10-09 19:22
イージスアショア
at 2017-05-14 00:29
XASM-3 初めて知った
at 2017-04-17 20:46
敵基地攻撃能力
at 2017-03-25 23:01
きな粉
at 2017-03-20 21:59
以前の記事
最新のトラックバック
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧