自給農 註))やる気の無い生存最低限度の堕落的農作のこと、ならびに安全保障という労力の必要な


生きる、ために堕落した生活者として極めて採集に近い形態を以て農と称する営みの極めて不真面目な記録
by taichit4

<   2017年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

敵基地攻撃能力

http://jp.reuters.com/article/ldp-proposals-defence-idJPKBN16T0XZ

それしかない。弾道ミサイルの迎撃には無理がある。現状、日本を射程に収める北朝鮮の弾道ミサイル200〜300に対し、射程500キロのSM-3プロック1Aが4隻のイージス艦に8本ずつつまり32。

理論的に、全弾命中したとしても100発以上の弾道ミサイルには対抗手段がないということになる。PAC3による迎撃は半径20キロ程度の狭いエリアに限られるので、日本の大部分の地域が無防備ということだ。

技術的に、敵基地攻撃は難しいという実態はある。移動式の発射台を全て破壊することは不可能だろう。が、攻撃という選択肢が我国の防衛力に備わることはぜひとも必要だ。

敵国の攻撃力を完全に無力化することができなくても、敵国の攻撃準備や行動にある程度制限を加えることはできる。それだけ、我国の対応つまり迎撃のチャンスは拡大することになる。
[PR]
by taichit4 | 2017-03-25 23:01 | 未分類 | Comments(0)

きな粉

e0188644_220339.jpg
中学生と一緒にきな粉に挑戦。
無農薬栽培した津久井在来種の大豆で作った。
材料大豆、砂糖、以上。
[PR]
by taichit4 | 2017-03-20 21:59 | Comments(0)

北朝鮮ミサイル

http://www.cnn.co.jp/world/35097630.html


米軍が7時34分に感知したと言っているので、その情報は自衛隊にももたらされたはず。その時点で着弾点も予測できるので、総理が迎撃を決断しなかったということになる。

排他的経済水域なら着弾してもいいのか

日本の領土領海に到達することが分っていれば迎撃するはずなのだが、

排他的経済水域なら着弾してもいいのか、という疑問が消えない。国民の安全が脅かされる事態なのだから

ミサイルディフェンスシステムも万能ではない、敵基地攻撃能力の保持も含めた防衛力の強化が必要だ。
[PR]
by taichit4 | 2017-03-06 18:34 | 未分類 | Comments(0)


最新の記事
XASM-3 初めて知った
at 2017-04-17 20:46
敵基地攻撃能力
at 2017-03-25 23:01
きな粉
at 2017-03-20 21:59
北朝鮮ミサイル
at 2017-03-06 18:34
オスプレイ事故率
at 2017-02-20 00:59
以前の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧