自給農 註))やる気の無い生存最低限度の堕落的農作のこと、ならびに安全保障という労力の必要な


生きる、ために堕落した生活者として極めて採集に近い形態を以て農と称する営みの極めて不真面目な記録
by taichit4

ほうれん草

日本ほうれん草(改良種)をプランターにまいてみた。初めての試み。野菜クズなどを適当に堆肥化したものを使う。10月10日。

種の袋には「必ず苦土石灰を使う」と書いてある。

江戸時代の日本に苦土石灰などなかったろうに。改良されたとはいえ、日本ほうれん草だから弱酸性の土壌でも育つものと仮定して経過を待つ。

そんなにアルカリ化にこだわらなくても、黒っぽい豊かな土壌でほうれん草はよく育つという実感がある。が、度重なる品種改良によって何か土に手を加えないと育たない野菜が多くなっていることも確かだ。
[PR]
by taichit4 | 2011-10-10 11:13 | 記録的意味合い
<< 番外編 10月9日 >>


最新の記事
F35A
at 2018-01-28 00:20
F3戦闘機開発決定の先延ばし
at 2017-12-25 10:03
デザイン
at 2017-12-17 11:15
報復する意志と実力
at 2017-12-17 10:55
憲法改正私案
at 2017-10-09 19:22
以前の記事
最新のトラックバック
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧