自給農 註))やる気の無い生存最低限度の堕落的農作のこと、ならびに安全保障という労力の必要な


生きる、ために堕落した生活者として極めて採集に近い形態を以て農と称する営みの極めて不真面目な記録
by taichit4

カテゴリ:意見( 7 )

憲法改正私案

現行

⑴日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
⑵前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。


改正案

⑴日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
⑵ただし自衛のため、陸海空自衛隊その他の戦力は、これを保持する。国の交戦権は、これを認める。

現行の2項は削除し、新たに2項として自衛隊の根拠規定を盛り込むべきでしょう。

[PR]
by taichit4 | 2017-10-09 19:22 | 意見

憲法改正

対米追従とか言っちゃってさ、じゃあ、独自武装しなきゃね。アメリカと縁を切れ、自衛隊は解消しろ。憲法は変えるな。という主張は脳内お花畑としか言いようがない。

今の日本の憲法はアメリカ案、国連に国際的な治安維持を任せて、各国は独自の軍隊を持たないという構想だったんだそうな。先駆的に日本の憲法だけを作ったんだけど、国連軍は一度も組織されたことがない。つまりアメリカの構想は失敗したわけだ。

アメリカはほとんど一国で世界の警察みたいなふりをして、国益のために国際法を無視して他国を蹂躙してきたわけだけれども、古代ローマの轍を踏んで、歴史の法則通り世界から手を引き始めている。

世界は群雄割拠の様相を呈している。日本は失敗した構想を前提に押しつけられた憲法を排して(もちろんいい部分はあったのだろうけれど)、日本国の事情と自由な意志のもとに新しい憲法を作ろうじゃないか。といっても、自民党案みたいな全面改訂は必要ない。必要最小限度の改訂でいいのではないか。
[PR]
by taichit4 | 2016-04-03 02:26 | 意見

フランスと連帯するな

フランスでテロがありました。個人的には、「シャルリーエブド」に端を発しているものだと思います。つまり原因はフランスにある。他宗教の禁忌を破ってなお「自由」という自らの思想をごり押しして憚らない、フランスの傲慢が招いた結果だと思います。

躊躇なく射撃したようなので、テロリストは訓練を受けた、戦場からの帰還戦闘員ではなかろうか。帰還戦闘員といえば、イラク、シリアで空襲(空爆とか言い換えているが)に曝され、逃走を余儀なくされたISではなかろうか。この空襲にフランスも参加している。

日本国は、決してフランスと連帯してはならない。
[PR]
by taichit4 | 2015-11-14 13:51 | 意見

中国

「軍艦構造の船体である中国の新鋭1万2000トンクラス海警巡視船は、2万トンを超える船舶へ体当りするパワーを持っており、9000トン以下の船舶との衝突では自らはダメージを受けないようになっている。そして、5000トンクラスの船舶に衝突した場合は、相手を破壊して海底の藻屑としてしまうことができる」中国人民日報より
中国の新造巡視船に関する記事ですが、中国という国の性質をとてもよく表していると思います。「体当たり」という言葉に注目です。本来、船は「体当たり」するための道具ではありません。他人を押しのけてでも自分の利益を確保するという発想がよく分かります。
こんな国がひしめく世界の中で、日本は自国の実力を直視しなければなりませんよね。自衛のための実力は必要で、ほんとうは自衛のための力に個別と集団の区別はありません。日本が駐留米軍に匹敵する防衛力を独自に保持するにはお金だけでざっと20兆円(現在の5兆円にプラスして)の費用がかかります。
独自に武装するか、同盟を組んで武装するか二つに一つしか選択肢はありません。独自に武装するには莫大な予算が必要で、捻出するのは難しい。そうすると同盟を組むしかないわけで、ごく当たり前の権利である集団的自衛権が行使できることを確認しておくという作業はごく自然なことに思われます。
[PR]
by taichit4 | 2015-08-09 19:28 | 意見

哀悼 長崎

今日はアメリカの原子爆弾によって日本の一般市民が大量に虐殺された日です。なにも原爆だけが大量に市民を虐殺した兵器ではありませんが、被爆者の計り知れない苦痛を思うとほんとうに心が痛みます。

どうすればこの悲劇を防ぐことができたか。答えはただ一つ、この時日本が同じように原爆の開発に成功し、実戦配備されていたら日本に原爆が投下されることはなかったでしょう。報復攻撃の恐れがなかったから、そのままでも十分に圧倒していたにもかかわらず、わざわざ原爆を投下したのでしょう。

現代に目を移すと、核兵器を配備した国が8カ国有り、さらに拡散の様相を呈しております。私は日本は核兵器を開発し、実戦配備すべきと思っています。その上で宣言しましょう。「たった今実戦配備したばかりの核兵器を、我々は廃棄しよう。だからあなた方も廃棄するように」

銃を持たずに銃を持った相手に「銃を捨てろ」と言ったら相手は銃を捨てますか。無理ですよね。自分も銃を持っていて、「俺も銃を床に置くから、お前も銃を床に置け」と言ったら置くかも知れません。
[PR]
by taichit4 | 2015-08-09 17:03 | 意見

日米安保条約破棄

日米安保を破棄するなら、まず自衛隊を拡充しよう。そのうえで新たな同盟を組もう。核兵器を保有するインドがいい。それから、知略に勝るベトナム。北方領土を放棄してロシアと平和条約を結ぼう。ロシアからはエネルギー資源を調達しよう。エネルギー資源の調達先を多角化することは安全保障上重要だ。TPPから撤退しよう。農業の国内自給を高め、輸出に苦しむ自動車部品メーカーに国産戦闘機の部品を発注しよう。
[PR]
by taichit4 | 2015-08-08 18:55 | 意見

KY党の悪口

ああ
めんどくさいが、これは一本入れておこう。
j党が、いろいろと問題のある法案を一緒くたに提案したことはまことにもって遺憾であるし、失態だ。こんなの理解を得て通過するはずがない。失点を計算していたにしろ、乱暴すぎる。それにしても野党の反論もお粗末だ。特にky党の方々には失望する。

KY党の党首が質問していたが、ピントがずれている。ky党の主張はこうだ。

「後方支援と言っても、戦場に線引きはできないから、自衛隊員に安全の保障はできない」

たしかにそうですね。ごもっとも。私もそう思いますし、世界的にも常識ですね。論点はそこからだろ。

自衛隊員はどんなに危険な任務であっても、命令であれば必ず実行して下さるでしょう。しかし、国民にどれだけの覚悟があるのか。
例えばISと戦う米軍の後方支援をするということは、ISと戦うことと等しい。アフガニスタンで多国籍軍に給油したとき、すでに我々はタリバンと戦ったのです。イラクで治安部隊を輸送したとき、すでに我々はフセインの残党(バース党、スンニ派武装勢力)と戦ったのです。少なくとも、相手はそう思っています。日本だけの常識は、世界の非常識です。というか、現代の非常識です。補給、輸送部隊が戦闘と関わりないなんて、先の大戦から辛くも生存せられた方々が聞けば呆れるでしょう。

今後、我々がアメリカと対峙する敵と戦う覚悟があるのか。そこが問題でしょう。

俺にはない。まっぴらごめんだ。

ISの台頭はアメリカのイラク攻撃に端を発している。また、9.11の原因もアメリカにある。いちいち解説しないが、アメリカは利己的、独善的な酷い国だ。つきあい方は考えないといけない。
[PR]
by taichit4 | 2015-07-21 20:33 | 意見


最新の記事
里芋
at 2018-04-09 22:24
空対艦誘導弾 ASM-3
at 2018-04-05 22:28
新型高速滑空弾
at 2018-03-29 22:51
F35A
at 2018-01-28 00:20
F3戦闘機開発決定の先延ばし
at 2017-12-25 10:03
以前の記事
最新のトラックバック
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧