自給農 註))やる気の無い生存最低限度の堕落的農作のこと、ならびに安全保障という労力の必要な


生きる、ために堕落した生活者として極めて採集に近い形態を以て農と称する営みの極めて不真面目な記録
by taichit4

タグ:日本 ( 5 ) タグの人気記事

敵基地攻撃能力

米英仏がシリアのアサド政権に全弾巡航ミサイルによるスタンドオフ攻撃(相手の射程圏外から攻撃すること、それによって自らを危険にさらすことがないようにする)を実行したが、実は我が国の防衛にとっても大きな示唆を含んでいた。

攻撃の是非や理由はさておき、私が注目したのは、アサド政権軍のミサイル防衛が全く機能しなかったことだ。アサド政権軍のミサイル防衛はロシアの最新型S-400に比べるとちょっと古いタイプだ。攻撃後に同エリアのシステムが更新されるという情報があること、攻撃目標がきっちり破壊されていることから、現有のアサド政権軍のミサイル防衛は機能しなかったことが分かる。

何が言いたいのかと言うと、ディフェンスだけでは相手の攻撃を防げないことがあるということだ。もちろん日本の弾道ミサイル防衛とシリアの巡航ミサイル防衛では条件が違うし、いろいろと単純比較はできないが、まあ、ディフェンスだけで相手の攻撃を防げないことがあるというのは間違いのないことだ。

防御のために敵の攻撃の起点、攻撃に必要なインフラなどを攻撃する必要があるのは当たり前だ。アサド政権にしてみれば、米英仏の駆逐艦、潜水艦、戦闘機、爆撃機を攻撃したかったはずだ。しかしアサド政権軍にその能力はない。だから反撃できない。一方的に攻撃されるだけ。

仮にK国が日本に向けて弾道ミサイルを発射したとしよう。100%迎撃できる保証はない。防御のために攻撃の起点、攻撃に必要なインフラなどを破壊する必要があるだろう。仮にC国の大空軍が押し寄せたとしよう。空自が奮戦してくれるのは間違いなく、頼もしいが、数的な劣勢を考えれば、出撃を妨げるためにC国空軍基地を破壊したい。

いくら練度が高く、勇猛果敢な空自の戦士達と雖も、繰り返し襲いかかってくる大空軍に疲弊しないとは限らない。

[PR]
by taichit4 | 2018-05-05 18:07 | 安全保障

北朝鮮ミサイル

http://www.cnn.co.jp/world/35097630.html


米軍が7時34分に感知したと言っているので、その情報は自衛隊にももたらされたはず。その時点で着弾点も予測できるので、総理が迎撃を決断しなかったということになる。

排他的経済水域なら着弾してもいいのか

日本の領土領海に到達することが分っていれば迎撃するはずなのだが、

排他的経済水域なら着弾してもいいのか、という疑問が消えない。国民の安全が脅かされる事態なのだから

ミサイルディフェンスシステムも万能ではない、敵基地攻撃能力の保持も含めた防衛力の強化が必要だ。
[PR]
by taichit4 | 2017-03-06 18:34 | 未分類

憲法記念日に寄せて

誰だって戦争なんかしたくない。日本人の意志なのか、外国からの圧力なのか分からんが、WW2直後の世界の理想として戦争を放棄したのは分かる。しかし残念ながら、世界の現実はそうはならなかった。「平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。」が「平和を愛する諸国民の公正と信義」は信頼できるものではなかった。

WW2以後も武力によらず「安全と生存を保持」することはできなかった。チベット、ウイグル、クリミア、チェチェン…武力で対抗できない民草はことごとく蹂躙された。

日本はどうか、自衛隊という守備的武装と、同盟軍であるアメリカの攻撃的武装によって安寧が保たれてきた。この事実は重い。日本は重武装である。重武装によって保たれた平和という事実がある。
九条は世界へのメッセージとして温存し、実質的に強力な軍事力を保持するか。九条のメッセージを破棄して、強力な軍事力を保持しながらも厳格にコントロールするか、そのどちらかしかない。私には後者しかないと思われる。前者には論理的、物理的な無理があるからである。

武力の保持が必ずしも無益な戦争につながるわけではない。命のやりとりをした人間にしか生命の貴さが分からないように、生死かけて戦闘の準備をした者にしか分からない戦争の恐ろしさというものがある。武道の達人は、そう簡単には戦わない。

厳しく戦闘の準備、錬磨をした者ほど、実際の戦闘からは遠ざかるものである。それがどれだけ残酷で、どちらも無傷ではいられないことをよく知っているからである。チンピラはすぐに暴力に訴える。中途半端な実力しかもっていないからである。

武力を備えつつ戦争しない国の例が他にもある。国民皆兵、道路から発進できる戦闘機、繁華街のトーチカ、地下シェルター、各家庭に小銃、焦土作戦とやる気満々…重武装のスイスですが、200年以上戦争していない。
[PR]
by taichit4 | 2016-05-03 23:54 | 未分類

フランスと連帯するな

フランスでテロがありました。個人的には、「シャルリーエブド」に端を発しているものだと思います。つまり原因はフランスにある。他宗教の禁忌を破ってなお「自由」という自らの思想をごり押しして憚らない、フランスの傲慢が招いた結果だと思います。

躊躇なく射撃したようなので、テロリストは訓練を受けた、戦場からの帰還戦闘員ではなかろうか。帰還戦闘員といえば、イラク、シリアで空襲(空爆とか言い換えているが)に曝され、逃走を余儀なくされたISではなかろうか。この空襲にフランスも参加している。

日本国は、決してフランスと連帯してはならない。
[PR]
by taichit4 | 2015-11-14 13:51 | 意見

イスラム国〜その2

 オバマ米大統領は20日、週末恒例のビデオ演説で、24日からの国連総会一般討論演説などを通じて国際社会の力を結集し、過激派「イスラム国」の脅威に対抗する決意を表明した。週末の演説でイスラム国への対応を2週連続で取り上げた。
 オバマ氏は今回の過激派との戦いは「米国対イスラム国」ではなく、「(中東の)地域対イスラム国」「国際社会対イスラム国」だと指摘。米国が指導力を発揮するときだとして、有志国による「幅広い連合」を主導していくと強調した。(共同通信記事より)


日本は決して有志国の中に入ってはいけませんよね。034.gif
[PR]
by taichit4 | 2014-09-21 16:48 | 未分類


最新の記事
敵基地攻撃能力
at 2018-05-05 18:07
里芋
at 2018-04-09 22:24
空対艦誘導弾 ASM-3
at 2018-04-05 22:28
新型高速滑空弾
at 2018-03-29 22:51
F35A
at 2018-01-28 00:20
以前の記事
最新のトラックバック
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧