自給農 註))やる気の無い生存最低限度の堕落的農作のこと、ならびに安全保障という労力の必要な


生きる、ために堕落した生活者として極めて採集に近い形態を以て農と称する営みの極めて不真面目な記録
by taichit4

タグ:自衛隊 ( 9 ) タグの人気記事

敵基地攻撃能力

米英仏がシリアのアサド政権に全弾巡航ミサイルによるスタンドオフ攻撃(相手の射程圏外から攻撃すること、それによって自らを危険にさらすことがないようにする)を実行したが、実は我が国の防衛にとっても大きな示唆を含んでいた。

攻撃の是非や理由はさておき、私が注目したのは、アサド政権軍のミサイル防衛が全く機能しなかったことだ。アサド政権軍のミサイル防衛はロシアの最新型S-400に比べるとちょっと古いタイプだ。攻撃後に同エリアのシステムが更新されるという情報があること、攻撃目標がきっちり破壊されていることから、現有のアサド政権軍のミサイル防衛は機能しなかったことが分かる。

何が言いたいのかと言うと、ディフェンスだけでは相手の攻撃を防げないことがあるということだ。もちろん日本の弾道ミサイル防衛とシリアの巡航ミサイル防衛では条件が違うし、いろいろと単純比較はできないが、まあ、ディフェンスだけで相手の攻撃を防げないことがあるというのは間違いのないことだ。

防御のために敵の攻撃の起点、攻撃に必要なインフラなどを攻撃する必要があるのは当たり前だ。アサド政権にしてみれば、米英仏の駆逐艦、潜水艦、戦闘機、爆撃機を攻撃したかったはずだ。しかしアサド政権軍にその能力はない。だから反撃できない。一方的に攻撃されるだけ。

仮にK国が日本に向けて弾道ミサイルを発射したとしよう。100%迎撃できる保証はない。防御のために攻撃の起点、攻撃に必要なインフラなどを破壊する必要があるだろう。仮にC国の大空軍が押し寄せたとしよう。空自が奮戦してくれるのは間違いなく、頼もしいが、数的な劣勢を考えれば、出撃を妨げるためにC国空軍基地を破壊したい。

いくら練度が高く、勇猛果敢な空自の戦士達と雖も、繰り返し襲いかかってくる大空軍に疲弊しないとは限らない。

[PR]
by taichit4 | 2018-05-05 18:07 | 安全保障

空対艦誘導弾 ASM-3

e0188644_22255185.png
※画像は防衛装備庁HPより

昨年度開発完了予定だった新空対艦ミサイルの開発が完了したことを確認した。そのような報道には触れていたが、防衛装備庁からの正式発表はまだなかったので直接問い合わせたところ、報道が事実であることを確認できた。

新空対艦誘導弾 ASM-3は対空防御の技術的進展に対応する為に我が国が独自に開発した超音速ミサイルで、巡航速度マッハ3以上、射程距離150K〜200Kと想定される。統合推進方式による超音速と、複合シーカー(受動的、能動的追尾システム)によって迎撃からの残存性、標的追尾能力の向上が図られたものである。

亜音速の長距離巡航ミサイル(導入予定)と合わせて、複層的に敵の艦艇を攻撃する手段が整ったことの意味は大きい。また我が国独自の軍事技術の発展、拡張性を考えるとこのミサイルの完成はただミサイルの種類が一つ増えたということに止まらない。我が国の独立と自尊のための軍事技術の進展を素直に喜びたい。


[PR]
by taichit4 | 2018-04-05 22:28 | 安全保障

新型高速滑空弾

これ、どう考えても敵基地攻撃のための武装ですよね。そのほうがいいのはもちろんですが。離島に侵攻した敵が本格的な対空防御などできるはずがない。超音速で、不規則に滑空して敵の対空防御網をかいくぐって目標に到達する必要があるのは敵国領域の重要施設を攻撃する時だけだ。

敵の航空機関連施設、ミサイル関連施設を攻撃することは敵の波状攻撃を防ぐ防衛措置。日本国領域の安全を担保するために敵国の領域を攻撃する能力をもつのは当然で、防衛力の範疇と言って間違いない。敵国の領域を攻撃するからといって、侵略を目的としたものでなければ憲法にも抵触しない。



[PR]
by taichit4 | 2018-03-29 22:51 | 安全保障

F35A




こいつが有効に機能すれば自衛隊の航空戦力、別次元に向上します。F-22以上の探知能力がありますから、既存のF-15とデータリンクすれば近代化改修された既存のF-15 100機の攻撃力がさらに向上して相手に脅威を与えます。有事の際、前方でF35が探知したデータをF-15と共有。F-15に最大16発搭載された空対空誘導弾で飽和攻撃、C国空軍の数的優位に対抗できる。

さらに今後、導入予定の対地上攻撃可能な長距離巡航ミサイルをF35Aに搭載すれば、はっきり言って敵基地攻撃能力を獲得したことになります。だってそうでしょう、一応島嶼防衛用ということになってますけど、敵国近くあるいは深くに侵攻したF−35Aから敵の固定目標をアメリカのGPS位置情報を使って精密誘導できるじゃありませんか。日本は独自の位置情報衛星の運用にも着々と近づいていますから、いづれアメリカのGPSに頼らなくても自前の衛星の位置情報によって敵の固定目標を攻撃できるようになります。

北朝鮮の移動式発射台を破壊するのは難しいというお話がありますが、たしかにそうでしょう。が、だからどうしたのでしょう。移動式発射台に給油する燃料備蓄施設、弾体を製造をする工場、移動式発射台が稼働するために必要なインフラを破壊すれば、移動式発射台を破壊したのと同じ効果が得られるじゃありませんか。固定の目標を爆撃できることには大きな意義があります。敵を無力化できればいいんですから。

同じことはC国に対しても言えます。出撃したポンコツ大空軍と対戦する準備も必要ですが、C国空軍基地の戦闘機格納庫、管制塔、燃料備蓄施設、レーダー施設などのインフラを破壊すれば、(滑走路を破壊できるかは分かりませんが)、出撃できないんだから、戦闘機を無力化できる。それだって専守防衛なんじゃありませんか。離陸した敵を撃墜することだけが専守防衛ですか。そもそも離陸さえできないように敵基地を攻撃して無力化することだって専守防衛なんじゃありませんか。

それにしても、三沢基地の雪景色にグレーの日の丸がなじみますねえ

[PR]
by taichit4 | 2018-01-28 00:20 | 安全保障

デザイン



すごいデザインだな

[PR]
by taichit4 | 2017-12-17 11:15 | 未分類

イージスアショア

護衛艦の負担軽減、精度の向上、費用ということを考えればなるほど納得のいく選択です。これくらいで迎撃システムは良しとしましょうよ。運用が航空自衛隊なのか、陸上自衛隊なのか分かりませんが。

実はその先の反撃能力保有を見据えた判断だと思います。海上自衛隊の護衛艦、潜水艦には反撃するための巡航ミサイル搭載の計画があります。だから、ミサイル防衛に関しては陸上の分担が必要になるわけです。

米朝関係が膠着している間に、我国としては我国固有の防衛力を構築していかねばなりません。「戦争にはなりそうもない」と安心している場合ではありません。アメリカだっていつ裏切るか分からないんですから、我国固有の防衛力整備が必要です。





[PR]
by taichit4 | 2017-05-14 00:29 | 未分類

北朝鮮ミサイル

http://www.cnn.co.jp/world/35097630.html


米軍が7時34分に感知したと言っているので、その情報は自衛隊にももたらされたはず。その時点で着弾点も予測できるので、総理が迎撃を決断しなかったということになる。

排他的経済水域なら着弾してもいいのか

日本の領土領海に到達することが分っていれば迎撃するはずなのだが、

排他的経済水域なら着弾してもいいのか、という疑問が消えない。国民の安全が脅かされる事態なのだから

ミサイルディフェンスシステムも万能ではない、敵基地攻撃能力の保持も含めた防衛力の強化が必要だ。
[PR]
by taichit4 | 2017-03-06 18:34 | 未分類

菅義偉批判

1、ダッカ事件の時、現地で警察が突入の機をうかがっている瞬間、菅官房長官は選挙応援のために総理大臣官邸を空けていた。これはアウトだろう。国民の生命財産を守るのが国家の最大の責務だ。国民の命が危険に曝されている時に、選挙はないだろう。「首相がいたからだいじょうぶ」と強弁していたが、緊急事態が発生しているときに、首相を補佐する官房長官が不在というのは問題だろう。しかも菅義偉はこのとき開かれた国家安全保障会議のメンバーのうちの一人だ。

2、自衛隊が展開している南スーダンで,武力衝突が起きて、中国のPKO要員二人が死亡した。自衛隊がPKO活動する要件は、紛争当事者同士の間で停戦の合意がある時だけである。明らかに合意は守られていない、武力紛争が再燃している。要件を満たさなくなったので、自衛隊は腰抜けと言われようが何しようが、撤退するしかない。もしくは要件を緩和して覚悟して残留するしかない。が、自衛隊は残留している。なぜなら「南スーダンが武力紛争状態になっているとは言えない。」「自衛隊が活動するための要件を満たさなくなったとは考えていない」(菅官房長官)

いや長官、要件満たしてないから。
[PR]
by taichit4 | 2016-07-12 00:20

集団的自衛権

あほだ。戦争しないために武装放棄しようという主張がある。
あほだ。いつでも戦争ができて、相手に打撃を加える実力がなければ平和を維持することはできない。
武力は使わないためにある。
優しさには、それを支える強さが必要である。
理屈ではなく、野蛮の中に身をおけば誰にでも分かる普通のことだ。

現状、攻撃的能力を有しない自衛隊が米軍と協力する必要があるのは当たり前だ。米軍の能力を補完する防衛力を備えた自衛隊も米軍にとってはかけがえのない存在だ。相互に依存するところがあり、止むを得ず味方になっているわけだがどちらかが攻撃された時に黙って見ているわけにはいかないだろう。

しかし解釈を拡大するというのはいかがなものか。そもそも、自衛のためだろうが何のためだろうが「戦力の保持」を否定しているのが憲法なんだから。
[PR]
by taichit4 | 2014-04-30 01:08 | 未分類


最新の記事
敵基地攻撃能力
at 2018-05-05 18:07
里芋
at 2018-04-09 22:24
空対艦誘導弾 ASM-3
at 2018-04-05 22:28
新型高速滑空弾
at 2018-03-29 22:51
F35A
at 2018-01-28 00:20
以前の記事
最新のトラックバック
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧